オスグッド・シュラッター病

本日も昨日に引き続き、膝周囲のスポーツ障害についてです。

オスグッド・シュラッター病は、小中学生の男子に多くみられる、膝のオーバーユース(使い過ぎ)によるスポーツ障害です。

成長期に日常生活動作やスポーツ活動で大腿四頭筋の収縮によって、脛骨の筋付着部の脛骨粗面が牽引されることで発生します。

症状は、脛骨粗面部の痛みや膨隆、運動痛が特徴で、慢性の経過をたどりやすく再発を繰り返すこともあります。

骨の成長が終わる18歳頃には症状は消えますが、膨隆は残ることがあります。

このような症状がありましたら、当院にご相談ください。