こんな時期に増えてくるのが、ぎっくり腰です。

朝起き上がろうとするときやしゃがみこんだ状態から立ち上がろうとしたときなど、腰が伸びている状態から曲げた時または腰を曲げている状態から伸ばした時に発生します。

発生直後から患部が炎症を起こすため、腰部が熱や痛みを持ってきます。

温めたほうが動けるようになるのではないかと思って温めてしまう方もいらっしゃいますが、まずは氷を使い冷やして熱と痛みと取ることが第一になります。

このような症状がありましたら、当院にご相談ください。