膝の治療

膝痛の治療と改善方法

膝の痛みの原因は様々で、症状も実に様々です。代表的なものに、変形性、スポーツ外傷、膝関節の歪み(アライメント)による痛みの原因があります。

変形性には、骨格の遺伝的要素があります。軟骨の減少などによって骨同士がこすれ合い痛みが発生します。その為、膝の曲げ伸ばしが出来なくなったり、歩行時にも痛みを伴います。よく患者さんから聞くのは、「病院で電気をあてても湿布を貼ってもよくならない」と言う言葉です。

たけだ整骨院では、症状に合わせて温熱療法やストレッチ、運動療法を中心に本来の膝関節の運動機能を取り戻す治療方法を行っています。

スポーツ外傷の場合

スポーツ外傷では強く捻ったり、伸ばしたり曲げたりして靭帯や筋肉、軟部組織(半月板など)を損傷するのが一般的で原因も比較的明確です。しかし、意外と多いのがオーバーユース(使い過ぎ)による原因の痛みです。これは自覚が乏しく気付いた時にはドクターストップになるケースが殆どです。どのような方に起こり易いかは、元々筋肉や関節の柔軟性に欠けている方です。

痛む場所も膝に限らず股関節から足の各部と様々です。そうなったら早急に治療が必要となります。
たけだ整骨院では、症状に合わせた電気療法やストレッチ、運動療法を行い、必要に応じて固定をします。

膝の”歪み”について

歪み(アライメント)とは、膝関節の噛み合わせの事です。この噛み合わせが少しでも悪いと関節に多大な負担をかけ、痛みを発症させます。O脚やX脚、がに股や内股などもこれに含みます。また足部の扁平足や外反母趾の影響も大きく関与します。そういった方は股関節や膝関節周囲の筋肉の硬さやアンバランスが考えられます。

たけだ整骨院では、ストレッチや運動療法を行う事で筋肉の柔軟性をつけたり、バランスを調整します。また必要に応じてテーピングやインソールを用いて歪み(アライメント)を調整します。